自由な間取りに、自由な建材を、 定額設計料で

建物づくりとは、型にはめるような作り方もありますが、本来は人それぞれ固有の作り方、問題解決策があるものです。お話をしていく中で、それぞれの方が大切にしたいライフスタイル雰囲気を感じ取りながら配置計画や外観や詳細のデザインを進めますので、作り手のクセを押しつけるような仕事はしません。ユーザーの方にとってライフスタイルにあった居心地の良い建物になることを最優先します。

多くの方にとって初めてのことになりますが、プロとして進め方をお伝えしていき、ユーザーの方にわがままな建物づくりを楽しんでいただきたいと思っています。

ですが、一般的に建築家に設計を頼みにくいという理由として、設計費用がわからない、高そうだ、どこまでがわがままでなくてどこからがわがままになるのかがわからない、、といったものがあります。

そこで設計費用に関して弊社では、わかりやすく定額で、基本的には2通りとしています。

                

設計料は2通り

A.75万円タイプ

自由設計の家をできる限り手が届く金額にしたいという思いから、この金額設定とさせていただいております。間取りや、建物形状、外観のデザインに関しては自由設計となります。

ですが設計業務簡略化のために内部の仕様に関してはある程度こちらからご提案させていただきます。
例えば、全ての家具を造りつけで作りたい、やドア・引出しの取手をご自身で選びたい、といったこだわりの強い方にはB.150万円タイプをおすすめさせていただきます。

成果物として、

基本的には役所調査、平面図、立面図、断面図、設備図等、最低限必要な図面
                  +
内装を含めた計画全体のアドバイス
とさせていただきます。

内部仕様(例)
・キッチン、ユニットバス・・・・メーカー既製品or既製品の組み合わせ
・フローリング、内部建具・・・・メーカー既製品
・クロス、床ビニルシート・・・・大手メーカー品

B.150万円タイプ(フルオーダー)

Aタイプに加えて、

展開図、内部仕様他全ての詳細設計とし、完全に自由設計となります。

 

※A、Bともに設計費に含まれない費用

〇消費税

〇確認申請、各種法定検査費用(別途請求もしくは直接お支払いいただきます)

〇構造設計費

〇確認申請以外の各種申請手続き

下記は一例です)

・性能評価の取得

・フラット35等、金融機関により別途手続きが必要となるもの

・長期優良住宅、低炭素住宅、エコポイント等の補助金申請手続きの一部

例外について

※上記2通りの料金プランでは個人邸のご依頼に限らせていただきます。

※共同住宅は延床面積300㎡未満で¥1,500,000-程度。それ以外は応相談とさせていただきます。

※不動産業、設計・その他建築業者の方からのご依頼は別途ご相談させていただきます。